7/12/2016

新作情報解禁!




7/20ご予約開始!

演劇系大学の学生・若い演劇人たちと創作する演大連、詳細解禁になりました。
オーディションを勝ち抜いた27名の俳優と11名のダンサー総勢38名が出演、これまでの山本作品で最大規模の新作です。
アドバイザーの教員たちのもと、各技術スタッフも選出された学生たちが行います。
2016年、山本卓卓の国内新作はこちらのみ。
どうぞご注目ください!

===

文化庁委託事業「平成28年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
演劇系大学共同制作公演vol.4

この幸せ。いつまで続くのかな?
『昔々日本』
作・演出|山本卓卓(範宙遊泳)
2016年9月8日(木)-11日(日)
東京芸術劇場シアターイースト

3/01/2016

▲山本卓卓|ワークショップ▼



山本卓卓 WS
「場所からうまれる/ニュートラルのレンジ」

私が演劇創作を行う上でその支柱となっている条件「場所からうまれる」を実践的にシェアしたいと考え、ワークショップを開催することになりました。「場所からうまれる」とは演劇を構成する諸要素のヒエラルキーのトップに「場所」を設定するということです。つまり、演劇は役者からでも演出家からでも台詞からでもなく、何よりもまず場所から生まれるのだという考えです。演劇における「場所」とは大きく分類して2つ。

1・上演する場所(空間)
2・戯曲の設定上の場所(場面)

空間と場面、この2つを意識し、そこでの所在をみつけることさえできれば、演技と身体は自ずとみえてくるはずです。そうした中で、たとえば土地の特有性に気付けたりといった日常生活での場所の持つ強さを鑑みたりできるでしょう。場所を変えたら気分が変わった、なんていう経験が誰しにもきっとあるのではないでしょうか。あるいはどうもこの場所とはソリが合わないぞなんていうことも。演劇を場所から考え日常を参照し再び演劇に還元する、というイメージを持つことでそれらをより豊かに発展させるきっかけになれば、と考えます。
山本卓卓(範宙遊泳/ドキュントメント)


 内容 
身体を使ったトレーニング。テキストを用いたグループワーク。内部での発表。

 日程 
4/1() 14:00-17:00(休憩)18:00-21:00A
4/2() 14:00-17:00(休憩)18:00-21:00B
4/3() 14:00-17:00(休憩)18:00-21:00C】 *定員につき締め切りました

 参加条件 
演劇経験問わず。年齢制限なし。見学は原則不可。

 参加料 
一般 3,500
学生 3,000円(要学生証提示
 *当日現金にてお支払いいただきます。

 定員 
15名程度/回
 *原則先着順とさせていただきます。

 会場 
STスポット
 〒220-0004 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビルB1
 TEL : 045-325-0411 FAX : 045-325-0414

 お申し込み方法 
以下をご明記の上、メールにてお申し込みください。
こちらからの返信をもってお申し込み確定とさせていただきます。
キャンセル不可。ご予定をご確認のうえお申し込みください。

【件名|山本卓卓WS】【申し込みアドレス|info@hanchu-yuei.com
①氏名
②年齢
③性別
④メールアドレス(事前にデータをお送りする場合がありますのでPCアドレス推奨) 
⑤電話番号
⑥ご希望の日程【ABCよりひとつ(第三希望まであればお書きください)
⑦山本卓卓作品観劇の有無・作品名(観ていなくてもご参加いただけます)

 お問い合わせ 
090-6182-1813(制作)
info@hanchu-yuei.com

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

助成|公益財団法人セゾン文化財団
共催|STスポット
主催|範宙遊泳 さんかくのまど

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

山本卓卓 Suguru Yamamoto














劇作家・演出家。1987年生まれ。山梨県出身。
2007年に範宙遊泳を旗揚げし、すべての作品の作・演出を務める。
舞台上に投写した文字・写真・映像・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インドのアーティストと共同制作を行うなど、活躍の場をアジアまで広げている。
2012年より、一人の人間に焦点を当て生い立ちから掘り下げて作品化するソロプロジェクト「ドキュントメント」を始動し、TPAM in Yokohama 2016 では『となり街の知らない踊り子』を英語字幕付きで上演し好評を博した。
『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 Best Original Script(最優秀脚本賞)とBest Play(最優秀作品賞)を受賞。
『うまれてないからまだしねない』で第59回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。
公益財団法人セゾン文化財団2015年度・2016年度ジュニアフェロー。

10/11/2015

範宙遊泳|新作公演『われらの血がしょうたい』




範宙遊泳 - Theatre Collective HANCHU-YUEI -

フェスティバル/トーキョー15 連携プログラム 横浜→インド公演

われらの血がしょうたい -Colours of Our Blood-

作・演出|山本卓卓
音楽|千葉広樹(Kinetic/サンガツ/rabbitoo

出演|大橋一輝 熊川ふみ 田中美希恵 埜本幸良 福原冠


マレーシアやタイでの滞在制作/コラボレーションを経た範宙遊泳が次に描くのは「インターネット」
ITなどなかった時代、私達は果たしてどんなコミュニケーションをしていたのか。
たった数十年前のことであるのに遥か昔のことのように思える。
ましてそれが生まれた時から既に日常としてある世代にとってそもそも「ITなどなかった時代」などあるのか。
今作は言語を舞台上にプロジェクションする手法をさらに先鋭化し俳優の肉体との拮抗を強調する。
また横浜での初演を経て、インドはデリーでの上演を予定している。


▼スケジュール
2015124()-14()
12/4()
19:30

12/5()
19:30
12/6()
15:00
19:00
12/7()
休演日
12/8()

19:30
12/9()
19:30
12/10()
19:30
12/11()
19:30
12/12()
14:00
19:30
12/13()
14:00
19:00
12/14()
14:00




▼会場
のげシャーレ (横浜にぎわい座B1
231-0064 横浜市中区野毛町3-110-1-B1
TEL: 045-231-2525 FAX: 045-231-4545


▼チケット
一般|3,300円 学生|2,800円 高校生以下|1,000円(一律)
当日券|各500円増し ★前半割引|各300円引き

*全席自由・日時指定・整理番号付き
*未就学児はご入場いただけません。
*学生・高校生以下のお客様は受付で学生証をご提示ください。
*車椅子でご来場のお客様は事前にお申し出ください。
*開演後はご入場いただけない場合がございますのであらかじめご了承ください。


▼チケット取り扱い
① 20151012(月・祝)10:00より 優先整理番号・事前入金先行ご予約開始

F/Tチケットセンター 電話予約|03-5961-520912:00-19:00定休日あり・126()まで)
            オンライン予約|festival-tokyo.jp

ローソンチケット ローソン・ミニストップ店頭Loppi Lコード|L36345
         電話予約|0570-000-407(オペレーター)
         オンライン予約|http://l-tike.com/hanchu/

② 2015111()10:00より 劇団取り扱い当日精算ご予約開始
範宙遊泳 WEBhttp://www.hanchuyuei.com
     TEL090-6182-1813(制作)


▼お問い合わせ
範宙遊泳
090-6182-1813(制作)
info@hanchu-yuei.com


ドラマトゥルク|野村政之 翻訳|寺田ゆい 美術監督|たかくらかずき 美術|中村友美
照明|中山奈美 音響|高橋真衣 衣装|藤谷香子FAIFAI) 舞台監督|櫻井健太郎 演出助手|藤江理沙
当日運営|つくにうらら(カミグセ) 制作助手|柿木初美 川口聡 制作|坂本もも

協力|プリッシマ さんぴん FAIFAI カミグセ ロロ 舞台美術研究工房六尺堂 横浜にぎわい座
助成|公益財団法人セゾン文化財団
主催|範宙遊泳 さんかくのまど NPO法人アートプラットホーム(急な坂スタジオ)